top of page
Blogging

ブログ

​最新情報

ピラティスvs.ヨガ:どちらがあなたに向いていますか? 両者の違いと自分に合った選択

更新日:2021年10月13日

ピラティス、ヨガ、ヨギレート、PiYoはすべて運動です。どれも似たようなトレーニングのようですが、あなたは何を選びますか。ピラティスとヨガは、近年大きく進化しました。世界中のジムやスタジオでさまざまなバリエーションがあり、自分に合ったトレーニングを選ぶことができます。




ピラティスとヨガを比べて、どちらが自分に合っているかを決めるとき、考慮すべきポイントがいくつかあります。


ヨガには、疲労回復ヨガ、アクロヨガ、椅子ヨガなど、さまざまな種類があります。大切なのは 、自分に合ったトレーニングを見つけることです。ピラティスはレッスン料が高額な場合があり、練習の形態によっては専用のマシンを使うこともあります。ピラティスはヨガのように、ポーズを無理のない姿勢に変えることもできますが、けがをしないように適切な指導のもとで練習を行う必要があります。




ヨガとピラティスの違いは何ですか?


✅ ヨガとピラティスの主な違いは何でしょう。その1つとして次の点が挙げられます 。ヨガは、関節の柔軟性を徐々に高めながら、体の柔軟性を向上させます。これに対してピラティスは、 数多くの筋肉を強化しながら、緊張した筋肉をリラックスさせることに重点を置いています。


✅ ヨガとピラティスはどちらも、腹筋を鍛えるのに適したさまざまなポーズがあります。ヨガの練習はピラティスよりも強度が高く、その効果はピラティスよりも早く現れます。定期的にヨガ(アーサナ)を練習すると、お腹が引き締まります。


✅ ヨガとピラティスのポーズはどちらも、背筋を強化する効果があり、腰痛の緩和に役立ちます。しかしヨガの場合、ポーズによっては腰痛の症状を悪化させてしまうことがあります。そのようなポーズは避けるようにしてください。腰に問題のある生徒がヨガのクラスに参加すると、ヨガの先生がアドバイスをしてくれます。腰痛を緩和するためのポーズについては、ここちらをぜひお読みください。


呼吸法は幅広く行われているテクニックで、ヨガ(プラナヤマ)を効果的に行うために必要なエネルギーを筋肉に供給します。ヨガを行うとき、呼吸法を重点的に取り入れると、体内に取り込まれて筋肉に届けられる酸素の量をコントロールでき、筋肉をリラックスさせることができます。


✅ピラティスとヨガのどちらが良いかを判断する最良の方法は、両方を試してみることです。両方を体験すれば、どちらが自分に合っているかがわかるでしょう。ヨガは、楽しみながら、筋肉を強化し、ボディラインを整え、ストレスを和らげ、柔軟性を高めることができるのです。




ヨガとピラティスの類似点

  • ヨガとマットピラティスは、どちらも基本的な道具があれば練習することができます。マットの他に、ブロックやピラティスリングなど、必要に応じていくつかの小道具を用意するだけです。

  • どちらも運動中に適切な呼吸法を取り入れることに重点を置き、横隔膜呼吸やお腹の奥まで深く吸い込む呼吸を重視しています。

  • どちらも精神的な集中力を必要とし、ストレス緩和に役立ちます。また、さまざまなレベルに合わせたプログラムを作成することもできます。



ヨガvs.ピラティス:どちらが良いですか?


ヨガとピラティスはどちらも優れた運動です。痛みなど何らかの不調がある場合は、ご自分に合った最適なトレーニングをインストラクターと相談してください。


結論:ヨガとピラティスは、どちらも健康維持に非常に役立ちます。 ご存知のように、ヨガにはさまざま種類があり、ピラティスと比較してより多くの効果が期待できます。専門家は、ピラティスよりもヨガを勧めています。ピラティスは緊張した筋肉のリラックス効果しかありませんが、ヨガはストレス管理、PCOS治療、腰痛の緩和、首の痛みの軽減などにも効果があるからです。



You Should Not Miss:

Yoga For Stress Relieve

Yoga For Pregnancy





Note: All the asanas and pranayama should be performed under the guidance of your certified yoga teacher.












閲覧数:286回0件のコメント

Opmerkingen


bottom of page