top of page
Blogging

ブログ

​最新情報

共生社会イベント - のらくろ堂 東京都江東区

プレスリリース


ディワリの祭典を祝う11月12日の縁起のよい日に、Patanjali Japan Foundationは、東京都江東区の「のらくろード」でエキサイティングなイベントに参加しました。このイベントは、文化や健康、地域社会との連携など、様々なプログラムで構成されたダイナミックなものでした。このイベントには、江東区議会議員の吉田要氏も出席されました。吉田氏は地域社会との交流を積極的に深めており、文化的祭典の重要性を強調しています。


モバイルアプリの実演。障害者の利便性を高める特別なアプリケーションのリリース・セレモニーと実演が行われ、インクルーシブな革新的ソリューションが紹介されました。


多種多様な人々が様々なブースを出展し、活気のあるマルシェを作り上げました。このイベントでは、障害者向けに特別に設計されたアプリのリリース・セレモニーが行われ、インクルーシブな利便性を促進しました。 





イベントのハイライトは新鮮野菜の販売で、千葉県印西市の柴海農園さんのサポートと高品質の農産物の販売が実現しました。


避難訓練、リアルな体験ができる地震体験車によるシュミレーション、心臓マッサージの実演やAEDの講習会などの健康に関するワークショップ、その他様々な役立つイベントが実施されました。





Patanjali Japan Foundationは、BTOGOとコラボしてキチュリ(米と豆の料理)を提供することで、このイベントに積極的に参加し地域の健康増進に貢献しました。 


雨のため一時中断されたものの、ウォーキング・イベントには参加者が集まり、健康的で地域密着型の活動が行われました。 


Patanjali Japan Foundationは、このイベント期間中に、訪問者の皆さまを「世話ヨギ」として積極的にプロモーションし、総合的な健康効果を得るために、毎日ヨーガを行うことを奨励しました。


このディワリのイベントは、文化、ウェルネス、コミュニティの精神を真に祝うイベントとなりました。Patanjali Japan Foundationは、人々を結び付け社会のウェルビーイングに貢献するこのような取り組みの促進に今後も尽力していきます。 


このイベントは、文化的な祭典、コミュニティのウェルビーイング、インクルーシブな社会の重要性を強調し、ディワリの精神を見事にまとめ上げました。Patanjali Japan Foundationは、総合的な実践を通して、生活を豊かにするという使命を持ち続けることを楽しみにしています。




101日間呼吸法チャレンジ


私たちの公約と自己改善の旅が1000日に達したことは、毎朝続けてきた呼吸法オンラインヨーガをお祝いすべき価値ある成果です。それは忍耐と献身の証です。


このマイルストーンを記念して、この旅を1111日まで続けるという目標を掲げて、101日目の特別な呼吸法の実践を紹介したいと思います。


このプラナヤーマの旅にぜひご参加ください。呼吸のコントロールと意識的な呼吸を行う古代の叡知であるプラナヤーマの世界を知ることができます。 このイベント「101日間呼吸法チャレンジ」(2023年10月31日から2024年3月14日まで)では、持続可能で変革的な毎日のプラナヤーマの実践を確立するための手順を皆さんと一緒に実践していきます。



また、Sewayogiプログラムには、1,980円で参加することができます。このプログラムでは、月80回以上のクラスに参加でき、さまざまなタイプのヨーガを体験できます。


閲覧数:40回0件のコメント

Kommentare


bottom of page