top of page
Blogging

ブログ

​最新情報

バーラト (インド) 出張 2024 - 華やかな結婚式に参加 - 1月29日

プレスリリース


インド・ファリダバード:2024年1月29日、 Patanjali Japan Foundation(PJF)の代表団は、ファリダバードで行われた歓喜あふれる結婚式に出席し、インド文化の活気に満ちたスピリットを肌で感じることができました。


結婚式には、Patanjali Japan Foundationのチーフ世話オフィサー兼代表理事のアシュトシュ・シン氏、同ディレクター兼セールス&マーケティングリーダーの石田由美氏、WeNeed Inc.代表取締役の松尾康弘氏、One World Alliance創設者兼ディレクターのSamepal Singh氏、eSpot Web Solutionsの創設者兼マネージングディレクターのDeepika Singh氏が出席しました 。



PJFの代表団は、インドの豊かな文化の伝統を体験し、この祝祭を存分に楽しみたいという大きな期待を胸に結婚式場に到着しました。 賑やかなバラート(踊りながら新郎が新婦に向かうパレード)の行列に加わると、陽気な音楽とダンスで迎えられ、メンバー全員がすぐに喜びの渦に巻き込まれました。




インドの結婚式の習慣と伝統に触れる

バラートの期間中、代表団は美しく装飾されたバギーの上で新郎と思い出に残る写真を撮るチャンスがあり、お祝いの貴重な瞬間を記録に残すことができました。象徴性と価値を継承する伝統的な結婚の儀式で、一行はインドの習慣と伝統を垣間見ることができました。



バラートの後、代表団はホストから温かく迎えられ、インドの様々な伝統料理が用意されたディナーを楽しみました。彼らは結婚式場のおもてなしと優雅な雰囲気を称賛し、祝賀会の魅力はさらに高まりました。



ダンスの合間には、爽やかなモクテルを楽しんだり、チャートやその他の伝統料理などさまざまなインド料理を試食したりしました。


代表団はダンス・セッションを見て楽しむだけはでなく、DJが演奏するボリウッドの曲に合わせて夢中になって踊りました。特に日本からの代表団は、音楽を楽しんでいたようです。


インドの結婚式は盛大に行われます。これは、両家の結びつき、文化的伝統の継承、そして新郎新婦の新しい人生の門出を祝うビッグ・イベントだからです。結婚式のお祝いは、インド社会に不可欠な一体感の精神を反映しています。



最後に

アシュトシュ・シン氏は、この素晴らしいイベントに参加できた喜びを次のようなコメントで表しました。「ファリダバードでインドの結婚式に出席したことは、本当に思い出に残る経験でした。ホストの温かい気持ちとおもてし、そして活気に満ちたお祝い。どれも心に刻まれ忘れられない夜になりました。インドの豊かな文化的伝統に浸ることができた素晴らしい結婚式でした」


この体験は、インド文化の美しさと豊かさを思い出させるものでした。


閲覧数:26回0件のコメント

コメント


bottom of page