top of page
Blogging

ブログ

​最新情報

BioTOPIA MeBYO ValleyでのPJF Yoga Shivir

プレスリリース


Patanjali Japan Foundationは、2023年10月28日午前11時から11時40分まで、BioTOPIA MeBYO(未病)バレーで非常にインパクトのあるヨガ・シヴィルを実施しました。


このイベントは参加者の皆さんから多大な熱意と敬意をもって迎えられ、古代のヨーガと呼吸法の実践とのより深いつながりを育みました。




イベントにおける私たちの貢献


Patanjali Japan Foundationが主催したヨガ・シヴィルは、伝統的なヨーガのアーサナと瞑想の実践を通して、心と体のウェルビーイングを促進することを目的とした旅でした。ヴァラダ先生、アシュトシュ先生、ダナシュリー先生が、心、身体、精神を調和させるように考えられた一連のポーズを参加者の皆さんと一緒に行いました。先生方は全員が、ヨーガと呼吸法の専門家として有名な方々です。


シヴィルは、準備運動のスークシュマ・ヴィヤーマから始まりました。スクシュマ・ヴィヤーマは、柔軟性と筋力を高めることを目的とした緩やかな一連の運動です。その後太陽礼拝を行い、体に活力を与えてポジティブなエネルギーを注入しました。太陽礼拝は太陽に感謝を捧げる一連のポーズとしてよく知られています。参加者の皆さんに様々な体験をしてもらうために、浄化と若返りの効果で知られる呼吸法、カパルバティも実施されました。




続いてアヌロム・ヴィロムが紹介されました。アヌロム・ヴィロムは、左右交互に鼻呼吸を行う呼吸法で、身体の生命エネルギーのバランスを保つのに役立ちます。また、ブラマリという蜂の羽音のような音を出す呼吸法は、ストレスを軽減し心を落ち着かせる呼吸法として紹介されました。このセッションは瞑想とマントラ・チャンティングで終了し、その場は穏やかで瞑想的な雰囲気に包まれ、参加者が内なる自分を見つめることができるような空間となりました。


このイベントのハイライトは、ヴァラダ先生がパタンジャリの教えに祈りを捧げ、ヨーガ・スートラの重要性と現代生活におけるその意義を力説したことでした。参加者のエネルギーと集中力が合体して、シヴィルに一体感と意義を与えました。このイベントに魅惑的な雰囲気を加えたのは、指原さんの奏でるタブラの音色でした。ヨーガ実践者の皆さんと共鳴するリズミカルなビートで、その場の雰囲気はヨーガと見事に調和していました。



最後に


BioTOPIAのイベントには、ヨーガ愛好家、ビギナー、より健康的なライフスタイルを求める人など、様々な方々が参加されました。ヨーガのための育成的で包括的なスペースを作るというPJFの取り組みは、参加者全員から好評でした。

Patanjali Japan Foundationは、ヴァラダ先生、アシュトシュ先生、ダナシュリー先生の素晴らしいご指導と豊富な知識、そして熱心に参加された皆様に感謝の意を表します。そして最も重要なこととして、ご出席いただき素晴らしいメッセージを披露してくださいましたBioTOPIA CEO小川裕子氏に心より感謝申し上げます。



閲覧数:39回0件のコメント

Comments


bottom of page