top of page
Blogging

ブログ

​最新情報

ヨガの原則を知りましょう

更新日:2021年5月31日


ヨガは、心と体と魂を結びつけることを目的とした科学です。

それはまた、素晴らしい生き方の芸術でもあります。



ヨガの教えは非常に現実的であり、どんな時にも役に立つ知恵です。

これが、ヨガが何千年もの間実践され続けてきた理由であり、今日も重要であり続けています。

今日のオンラインセッションは、主に「ヨガの原則 パタンジャリヨガの8支則」ついて解説をしました。




ヨガの八支則

体、精神、感情、そしてエネルギーはあなたの人生の唯一の4つの真実です。

自分でやりたいことは、これら4つの段階のいずれかにある必要があります。 あなたがやりたいことは何でも、あなたの体、精神、感情、またはエネルギーにおいて行うことができます。



Paths of Yoga
Paths of Yoga


以下では、最も健康的な体、心、感情&エネルギーを取り入れるために役立つ6つの主要なヨガについて説明します。

  • マントラヨガ

  • ジュニャーナヨガ

  • バクティヨガ

  • ハタヨガ

  • ラージャヨガ

  • カルマヨガ

1. マントラヨガ

マントラは神聖な音または詩です。 サンスクリット語で唱えたり、暗唱される事により、Yoの精神的な側面を象徴的に伝えます。 単語ごとの翻訳と解説は、ヨガの哲学を認識し、深く理解するのに役立ちます。


2. ジュニャーナヨガ(知識、叡智のヨガ)

ジュニャーナは「知識または叡智」のサンスクリット語であり、ジュニャーナYogaは、人生の本質についての知識を得るための瞑想、自己探求、熟考の実践です。

ジュニャーナYogaは体系的な自習であり、「絶対意識の知識」(スワディヤーヤ)と表現することができます。


3. バクティヨガ

バクティ・マルガ(文字通り「バクティの道」)としても知られるバクティ・ヨーガは、個人の神への愛情深い献身を中心としたヒンドゥー教の精神的な道または実践です。 これは、ヒンドゥー文化のモクシャへの3つの方法の1つであり、他の2つはジュニャーナとカルマヨガです。


4. ハタヨガ

ハタヨガは、ほとんどの人が一般的なヨガについて考えるときに考える種類のヨガです。

呼吸、体、心はすべて、45〜90分間続く運動に関与し、呼吸、ヨガのポーズ、瞑想が含まれます。


5. ラージャヨガ

ラジャという言葉は「王」を意味します。 王は自信、確信、そして自由をもって行動します。 同様に、ラージャヨーガは自給自足で、恐れを知らず、自律的です。 ラージャヨガは、訓練された実践的なコースです。



patanjali's 8 climbs of yoga


  • ヤマ-自制心

  • ニヤマ-しつけ

  • アサナ-体操

  • プラナヤマ-呼吸法

  • プラティヤハーラ-外側の事象からの感覚の離脱

  • ダーラナ-集中力

  • ディーャーナ-瞑想

  • サマーディ-完全な実現

6. カルマヨガ

結果に関係なくあなたの仕事をしてください。カルマ・ヨーガをボランティア活動やソーシャルワークと混同する人もいます。 「カルマ」という言葉は「行動」を意味するので、カルマヨガは「役割のヨガ」としても知られています。



ヨガの八支則とは

八支則は、パタンジャリのヨーガスートラではアシュタンガと呼ばれ、文字通り「8本の手足」を意味します(ashta = 8、anga =手足)。

これらの8つのステップは、本質的に意味のある目的のある人生を送るための道です。

それらは、道徳的および倫理的行動と自己規律の処方箋として機能します。 彼らは自分の健康に注意を向けます。 そしてそれらは私たちの存在のメタフィジカル的な次元を認識するのを助けてくれます。



8 Limbs of Yoga


1. ヤマ

最初の手足であるヤマは、私たちの行動や日常生活での行動を反映して、自分の倫理的価値観と尊厳の感覚に関心を持っています。

ヤマは普遍的な教えであり、「自分が人にして欲しいように他人にもせよ」と述べている黄金律に最も密接に関連しています。

5つのヤマとは:

アヒンサー:非暴力

サッティヤ:真実

アステヤ:盗まない

ブランママチャリヤ:禁欲

アパリグラハ:非貪欲


2. ニヤマ

2番目の支則であるニヤマは、自己規律と道徳的遵守に関係しています。

例えば、定期的に寺院や教会の礼拝に出席したり、食事の前に恵みに感謝を述べる事。

自分自身の瞑想の習慣を確立したり、一人で瞑想的な散歩をしたりすることは、すべてニヤマの行動の例です。

5つのニヤマは次のとおりです。

サウチャ:清潔さ

サントーシャ:満足

タパ:熱; 精神的な苦行

スヴァーデャーヤ:聖典と自分自身の研究

イーシヴァラ プラニダナ:大いなるものへの献身


3. アーサナ

3番目の支則は、アーサナ、つまりヨガのポーズで構成されています。 Yogaの観点からすると、体は精神の神殿であり、それを気遣うことは私たちの精神的な成長の重要な段階です。

私たちは、瞑想に必要な、規律の習慣とアーサナの練習を通して集中する能力を養います。


4. プラーナヤマ

「呼吸のコントロール」と訳されるこの8支則の第 4 段階は

呼吸、心、感情のつながりを理解し呼吸プロセスをマスターするように設計されたテクニックで構成されています。

プラーナヤマの文字通りの翻訳である「生命力の拡大」が意味するように、ヨギは体を若返らせるだけでなく、寿命を延ばすと信じています。

プラーナヤマは、孤立したテクニック(座って一連の呼吸法を行う)として、または通常のハタヨガの修練の一部として実践することができます。


5. プラティヤハーラ

「呼吸の制御」と訳されるこの第4の支則は、呼吸、精神、感情の関係を理解しながら、呼吸のプロセスを習得するように設計されたテクニックで構成されています。

プラナヤマの直訳である「生命力の拡大」が意味するように、ヨギはそれが体を若返らせるだけでなく、寿命を延ばすと信じています。 プラナヤマは、孤立したテクニック(座って一連の呼吸法を行う)として、または通常のハタヨガの習慣の一部として練習することができます。


6. ダーラナ

プラティヤハーラの練習は、ダーラナ瞑想へと向かうフォーカスの練習となりヨガの8支則では全ての行程は次の支則への準備段階となります。

すなわちそれは、外側の世界の気を散らす事象に対処した後、プラティやハーラの段階において私たちは心の集中を妨げる動きに対処します。 それは簡単な使命ではありません!

私たちは、このディヤーナ瞑想の前に来る集中の実践段階プラティやハーラにおいて

単一の精神的対象、つまり身体の特定のエネルギーの核や、大いなる者のイメージ、または音の静かな繰り返しに全ての集中の焦点を当てることによって、常に働く思考プロセスを遅くする方法を学びます。

もちろん、ヨガの態度、呼吸法、感覚離脱の前の3つの段階で、集中力のスキルを磨き始めています。


7. ディヤーナ

アシュタンガ(8支則)の第7段階ディヤーナ

瞑想または熟考であり、これは途切れることのない集中の流れです。

集中(ダーラナ)と瞑想(ディヤーナ)は同じように見えるかもしれませんが、これら2つのフェーズの間には微妙な境界線があります。

ダーラナは一度に一つの対象に集中の焦点を合わせていますが、ディヤーナは最終的には存在の状態であり、強調せずに鋭敏に意識している状態になる事です。

この段階で精神は静まり、静けさの中では考えがとてもかすかになり、やがて考えが全く生み出されない状態になります。この静止状態を達成するために必要な心身の強度とスタミナの量は非常に素晴らしく目覚ましいものです。

これは大きな挑戦のように思えるかもしれませんが、不可能な事ではありません、希望を諦めないで下さい。

ヨガは実践的な」学習体験であることを忘れないでください。


8. サーマディ

パタンジャリは、アシュタンガの8番目で最後の段階であるサマーディを至福の状態と定義しています。 この時点で、瞑想者は彼または彼女の焦点と融合し、自己を完全に超越します。

瞑想者は、大いなる者との深い絆と共に、すべての生き物との相互関係を発見します。 この知識には、宇宙との至福と一体感「すべての理解を超える平和」が伴います。

表面的には、これは高尚な「あなたより聖なる」標的のように見えるでしょう。

また、定期的なヨガセッションを予約することもできます。 それはあなたが健康で健康な滞在をするのに役立ちます。

閲覧数:174回0件のコメント

Comments


bottom of page