top of page
Blogging

ブログ

​最新情報

一般社団法人 Patanjali Japan Foundation メンバー、ファリダバードのアムリタ・ホスピタルを訪問

更新日:2月15日

プレスリリース


2024年1月29日、Patanjali Japan Foundationのチーフ世話オフィサー兼代表理事のアシュトシュ・シン氏、同ディレクター兼セールス&マーケティングリーダーの石田由美氏、WeNeed Inc.代表取締役の松尾康弘氏、One World Alliance eSpot Web Solutionsの創設者兼マネージングディレクターのDeepika Singh氏は、ファリダバードのアムリタ病院を訪問しました。この訪問により、代表団はアムリタ病院が実施している模範的な医療行為と思いやりのある介護精神の概要を理解することができました。



一行は病院スタッフとコミュニケーションをとりながら、病院のさまざまな施設を見学しました。また、患者とスタッフのために特別に用意された瞑想室にも案内されました。瞑想室はヨーガの実践により1日のエネルギーを最大に高めるために設けられています。


また、国外からの患者のために設計された別のセクションもあり、素晴らしい設備が備えられていました。ファリダバードのアムリタ病院は外国人患者を受け入れており、治療後には患者を丁重に迎えて祝福を与えています。



ファリダバードのアムリタ病院の卓越した医療サービスと心温まる会話

ツアー中代表団は、患者に思いやりのある医療サービスを提供する上で重要な役割を果たす献身的な介護職員と話すことができました。病院スタッフや介護職員との会話の中で、代表団は崇高な職業で遭遇した課題と解決策について、彼らの貴重な意見を聞くことができました。



今回の訪問のハイライトは、PJFの代表団を心から温かく迎え入れてくれた病院スタッフの温かいおもてなしでした。コーヒーを飲みながら心のこもった会話を交わして、一行はアムリタ病院のチーム行なっている真のケアとプロフェッショナリズムに深い感銘を受けました。


代表団は、彼らの話とアムリタ病院の医療従事者の献身的で無私の奉仕に深く感動しました。また医療チームとの会話により、共感、理解、真のケアが大切であるという認識が高まり、医療で忘れてはならない人間性を思い出させてくれました。




最後に:

アシュトシュ・シン氏は次のように述べました。「アムリタ病院への訪問は啓発的で刺激的でした。スタッフの献身と思いやりに、私たちは深い感銘を受けました。彼らの丁重なおもてなしと貴重なアドバイスに感謝しています」


PJFの代表団は、アムリタ病院の温かい歓迎と医療への計り知れない貢献に心から感謝の意を表します。今回の訪問は、協力と相互尊重の精神の証であり、優れた医療の発展を追求する日本とインドの絆をさらに強めるものとなりました。


閲覧数:20回0件のコメント

Comments


bottom of page