top of page
Blogging

ブログ

​最新情報

自宅でヨガを行うための9つのヒント - 自宅でヨガを行う方法

更新日:2021年9月27日

ヨガを行うことにより、穏やかな楽しい気分で、健康的かつ有意義な一日を過ごすことができます。自宅で行うヨガが習慣になると、いつも楽しい気分でいられるだけでなく、自分の家族も満足感と素晴らしいエネルギーを感じることができます。


さらに、いつでも好きなときに自宅にいながらにしてヨガを行うことができます。


ヨガ講師の資格を持つ指導者からヨガを学べば、自分一人でヨガを行うことができます。自宅でヨガを行う際に覚えておくべきポイントをいくつかご紹介しましょう。


すべてのヨガの練習は、専門家の指導のもとで行うことをお勧めします。


注:すべてのアーサナとプラナヤマは、認定ヨガ講師の指導の下で行う必要があります。





9 Tips to Practice Yoga at Home - How to do Yoga At Home



自宅でヨガを行うための9つのヒント


1. ヨガに適した時間を選ぶ


朝ヨガを行うと、一日中高いエネルギーレベルを維持することができます。このため、朝はヨガを行うのに理想的な時間とみなされています。一方、昼のヨガは都合の良いときにいつでも行うことができます。夕方に行うヨガは、心を若返らせ、一日を通して蓄積されたストレスを和らげるのに役立ちます。



2. ヨガを快適に行える場所を選ぶ


毎日ヨガを練習できて、誰にも邪魔されない、こじんまりした場所が家の中にあれば、申し分ありません。毎日練習を続けることにより、そこにはポジティブな波動が満ちあふれるようになり、自分だけでなく同居している人も、癒し、強さ、そして心地良さを感じるようになります。


そのような場所がなくても、ヨガマットを広げるのに十分な広さがあり、しばらく邪魔されない静かな場所を、家のどこかに見つけると良いでしょう。


あなたがすべきことは、ヨガを行う場所が清潔で、 風通しが良く、先のとがった危険なものがないことを確認するだけです。





3. 比較的空腹時にヨガを行う


ヨガは、いつでも空腹時または軽食の後に行う必要があります。ヨガを行う場合は、食後少なくとも2時間が経過していることを確認してください。



4. ヨガウェアをシンプルにする


ゆったりとした快適な服を選びましょう。体にぴったりフィットするタイトな服装では、手足を大きく広げるときなど、動きが妨げられることがあります。また、余分なアクセサリーは外し、お化粧は控えめにしましょう。


注:すべてのアーサナとプラナヤマは、認定ヨガ講師の指導の下で行う必要があります。




5. 難易度の高いポーズをとる前は常にウォーミングアップする


ウォーミングアップは必ず行いましょう。ウォーミングアップをしないと、筋肉に負担がかかる危険性があります。より難易度の高いポーズに移る前には、体を温めストレッチを行い柔軟性を高めるようにします。



6. 自分の体を優しく扱う


まず簡単なポーズから始めましょう。ゆっくりとした動作で、無理をしないようにします。急に激しい動きをすると、けがをする恐れがあります。



7. ヨガを継続して行う


ヨガは継続することが大切です。毎日ヨガを続ければ、それが習慣になります。「毎日行う20分間のヨガは、気の向いたときに行う2時間のヨガよりも、早くその効果が現れるでしょう」とアシュトシュ代表(チーフ世話オフィサー)は述べています。



8.「家族で楽しむ時間」としてヨガの時間を作る


一人で練習すると、だんだん退屈してきたり、 怠けたくなってしまうことがあります。ヨガを家族や友達と集まる口実にして、みんなでヨガを楽しみましょう。


9. ヨガのさまざまなテクニックを使う


ヨガのポーズと呼吸法は、さまざまな方法で練習する必要があります。時間が足りない場合は、毎日行うアーサナのセットを用意しておき、日曜日に完全なバージョンで身体をメンテナンスしてください。ヨガの練習は、ヨガニドラで終えましょう。


注:すべてのアーサナとプラナヤマは、認定ヨガ講師の指導の下で行う必要があります。






閲覧数:46回0件のコメント

ความคิดเห็น


bottom of page