top of page
Blogging

ブログ

​最新情報

2023年ご挨拶と2022年サマリー 一般社団法人Patanjali Japan Foundation

更新日:2023年1月4日

新年のご挨拶2023年


ハロー、ナマステ、グッドモーニング、おはようございます。😊


私たちは、皆様、皆様のご家族、そして皆様のお友達が、2023年の新年を幸せで健康的に過ごせることを願っています。

2022年は私たちのチームに多くの変化をもたらしました。皆様と最新情報を共有できることを非常に誇りに思います。同時に、嬉しくもあり、満足しています。




2022年のジャーニー


私たちの2022年は、1月1日の75クローレ(7億5000万)回の 太陽礼拝イベントで始まりました。

このイベントは、インド独立75周年を記念して、Patanjali Yogpeeth、Geeta Pariwar、National Yogasan Sports Federation、Kreeda Bharati、Heartfulness Institute、Haryana Yog Aayog、そしてWorld Yogasana(すべてインドの組織)によって企画されました。

PJFでは、51日間で1万回の太陽礼拝を計画し、3万5千回以上の太陽礼拝を実施することができました。

このイベントのヨガポーズを写真に収めた、439,551枚のオンラインフォトアルバムが、ギネス世界記録に貢献できたことを誇りに思います。




毎日呼吸法スペシャルヨガセッション(ストレス解消向け)


また、私たちはプラナヤマ特別ヨガセッションを、750日以上実施することができました。このセッションは、2年以上毎朝無料で行っています。1 日も欠かさずに毎日セッションを行うのは簡単なことではありません。しかし、チームメンバーの献身的な協力と地道な努力のおかげで達成することができました。




国際ヨガの日2022年のイベント


2022年の国際ヨガの日イベントは31日間続き、75回以上のヨガクラスを開催しました。世界中から参加した35人以上のゲスト講師/スピーカーが、さまざまな言語(日本語、ヒンディー語、英語、ロシア語など)で、ヨガの実践、レクチャー、ワークショップを通して、ヨガの知識を共有しました。

6月21日、国際ヨガの日は、午前7時から日出ずる国の東京タワーで、PJF理事のダナシュリ先生によるコモンヨガプロトコルのセッションによって幕開けとなりました。




外部のイベントに参加


また、全日本ヨガ連盟、インド大使館、国会議事堂、ビオトピア、海上自衛隊など、さまざまな組織が主催する異なるヨガイベントにゲスト講師として招待されたことも感謝しています。

バーラト(インド)のナレンドラ・モディ首相の突然の日本訪問は嬉しい驚きでした。また、安倍晋三元総理大臣の銃撃事件など、いくつかの大きな出来事がありました。

この機会を利用して、今年任期を満了された元駐日インド大使サンジェイ・クマール・ヴァルマ氏に感謝の意を表したいと思います。私たちのプランの多くは、彼の継続的なサポートと励ましのおかげで実現させることができました。彼は私たちの誇りです。




Patanjali Japan Foundationの設立


また、さまざまな団体やインド大使館からのご支援により、2022年10月5日のVijaydashmiの際に私たちの組織を日本法人として登録することができました。

さらに、2022年には印日外交関係樹立70周年を迎えましたが、この時期に日本法人として設立できたことを幸運に思います。


アマン先生は、300日以上にわたって夜のアディヨギクラスを担当されました。

マンスリーインタラクティブセッションは、2021年に比べて対面での集まりが多くなりました。2023年にはさらに対面の機会が増えることを願っています。


健康で幸せな日本社会を作るために、ヨガの伝統的な知識を共有する機会を得ることができた、これらすべての成果を謙虚な気持ちで誇りに思います。




新しいリリース


私たちは、まったく新しいヨガウィングも立ち上げました。

これは、すべてのヨギが各自の進歩を状況を把握するのに役立つナレッジベースです。

また、私たちの講師用ポータルにアクセスして、ヨガのさまざまな分野を専門とする優秀なインストラクター全員と知り合いになってください。

私たちの講師は、全員がバーラト(インド)政府AYUSH省のヨガ認定委員会の認定資格、または同等の機関によって認定された資格を持っています。

私たちのチームは、2022年にはわずか数人でしたが、2桁のメンバーにまで成長しました。ダナシュリ先生、ハーシット、サチ、キルティ、アマン先生、ソーコ先生、バラダ先生、スハニ先生、サラ先生。そして、ヨーコ、ノラ、さらに名前が公表されることなく継続して貢献して下さる多くのバックエンドの世話ヨギの皆様です。


また、2023年は非常にエキサイティングな年になることでしょう。平日の夜6時からのデイリーヨガクラスの追加、数多くのヨガスペシャリストによるワクワクするようなインタラクティブセッション、ヨガの知識を高めるための新しい短期コースなど、新規導入のプログラムをご用意しています。

私たちの目標は、毎日のヨガをライフスタイルに取り入れることによって、健康な日本社会を作ることです。さらに、日本のヨガ講師のための持続可能なキャリアプランも構築したいと考えています。

私たちは、日本の皆さん一人一人にヨガの本質を伝えたいと考えています。

バーラト(インド)と日本の心をつなぐ「世話」の考え方と「おもてなし」の気持ちを持って、絶え間なく努力する私のチーム全員に感謝します。

ヨガの力で、ストレスゼロ、うつ病ゼロ、自殺ゼロの日本社会を一緒に作っていきましょう。

改めまして、明けましておめでとうございます!

シン・アシュトシュ

チーフ世話オフィサー(理事長)

一般社団法人Patanjali Japan Foundation


閲覧数:59回0件のコメント

Comments


bottom of page