top of page
Blogging

ブログ

​最新情報

Patanjali Japan Foundationの代表団がデリーのスイスラーニング・イベントに参加/スイス教育システムの導入を模索

インド・デリー:2024年1月31日、Patanjali Japan Foundation(PJF)の代表団は「スイスラーニング・イベント」に参加するために、デリーのスイス大使館を訪問しました。PJFとOne World Allianceのチームは、世界中で高く評価され賞賛されているスイスの教育システムの概要を知るためにこのイベントに参加しました。


インドのスイス大使館は、最近、スイスラーニングおよびKapoor Watch Co.と提携して、文化交流と教育対話の促進を目的とした共同イベントを主催しました。デリーの一流の会場で開催されたこのイベントは、スイスとインドの主要な関係者間に有意義な交流と協力の機会を提供する場となりました。



スイスと日本は似たような教育モデルを共有している

よく知られているように、日本とスイスには、倫理、価値観、品質、革新性、包括性の原則に基づく類似した教育モデルがあります。両国のモデルは、教育の力と価値を示す「おもてなしの国」という言葉の好例であり、バーラト州は間違いなくこの2か国から学ぶべきことがたくさんあります。


訪問中PJFの代表者団はカクテルイベントで、スイスで最も尊敬されている学校やキャンプの理事らと交流する貴重な機会がありました。彼らはスイスラーニングの代表者らと包括的な話し合いを行い、インドの教育のために、同校の信念、アカデミック・プログラム、教育ビジョンについて詳しく話を聞くことがてきました。



スイスラーニングの代表者らとの話し合いに加え、PJF代表団はこのイベントの参加者や訪問者とも交流し、教育や文化交流に関するアイデアや意見を交換しました。このイベントは実りある対話とネットワークの場を提供し、スイスとインドの絆をさらに強化しました。


今回の訪問は、PJF代表団がスイスラーニングの温かい歓迎と有益な話し合いに感謝の意を表して終了しました。アイデアや視点の交換は、教育の進歩と学生の能力向上という共通の目標に向けた、インドにおけるスイスの教育の有望な始まりを示しています。この訪問によりPJFのチームは、PJFが最高のサービスを提供するために、より強力な国際関係を築く必要があると感じました。現在PJFは、バーラトと日本の価値観を交換しようと考えていますが、彼らは将来的にはスイスの教育と関係を築きたいと考えています。



最後に

この訪問によりPJFのチームは、PJFが最高のサービスを提供するために、より強力な国際関係を築く必要があると感じました。現在PJFは、バーラトと日本の価値観を交換しようと考えていますが、彼らは将来的にはスイスの教育と関係を築きたいと考えています。





閲覧数:25回0件のコメント

Комментарии


bottom of page