top of page
Blogging

ブログ

​最新情報

POTS(体位性頻脈症候群)めまい自律神経失調症のための簡単なヨガ

そうです!ヨガはPOTS(体位性頻脈症候群)めまい自律神経失調症を治すことができるのです。ほとんどの病気は、ヨガの適切なアーサナと食生活によって治せることが科学的に証明されています。このブログでは、POTSめまい自律神経失調症を改善するヨガについてご説明します。



POTSめまい自律神経失調症のためのヨガポーズ

  • バラーサナ - 子供のポーズ

  • マラーサナ - ガーランドポーズ

  • ヴィパリータカラニ - 両脚を壁に上げるポーズ


POTSなどの自律神経障害の症状があると、日常生活を送ることが難しくなる場合があります。ウェルネスヨガのエクササイズを定期的に行なうことにより、このような症状の改善が期待できます。



オンラインヨガクラスに申し込む- - Live Yoga Classes Online オンラインヨガクラス




#1 バラーサナ - 子供のポーズ


このような前屈の姿勢は、神経系にとって非常にリラックスする効果があります。またこのポーズは、めまいを悪化させたりめまいの原因となる可能性がある頭痛や偏頭痛の緩和にも役立ちます。眉の下にブロックを置くと、頭が心臓の高さまで上がり、血液が溜まるのを防ぎ、眉のマッサージ効果があります。


#1 Balasana - Child’s Pose For Pots Syndrome Dizziness Dysautonomia


バラーサナのやり方

  • 四つん這いの姿勢になります。

  • ひざをできるだけ大きく広げ、足の甲を床に置き、足の親指が触れるようにします。

  • お腹を太ももの間に置き、眉を床に向けます。肩、あご、目はすべてリラックスさせます。額を床に着けたくない場合は、ブロックやこぶしを重ねた上に額を置きます。眉間には、迷走神経を刺激し「休息と消化」の反応を促進するエネルギーポイントがあります。額の快適な位置を見つけることは、リラックス効果を得るために非常に重要です。

  • 腕の位置には、いくつかのバリエーションがあります。腕を前に伸ばして手のひらを床に向けるか、腕を太ももの横に置き、手のひらを上に向けます。この2つが最も一般的です。肩を解放したい場合は、手のひらを上に向けて腕を前に伸ばすか、肘を曲げて両方の手のひらを首の後ろで触れるようにすることもできます。この位置で肘を前に動かします。

  • 心地よく感じられることは何でもしてみてください。

  • 肩を使う仕事をしている方は、腕を太ももの横に置く2番目の方法がリラックスできる でしょう。

  • この姿勢を好きなだけ続けて呼吸を落ち着かせます。


バラーサナに関する注意事項

  • ひざや背中の痛みが強い場合は、このポーズを行わないでください。

  • 子供のポーズは空腹時に行います。

  • 血圧が低すぎたり高すぎる方は、このポーズを行わないでください。

  • 下痢の症状がある方もおやめください。


注:すべてのアサナとプラナヤマは、認定ヨガ講師の指導の下で行う必要があります。


オンラインヨガクラスに申し込む- - Live Yoga Classes Online オンラインヨガクラス



#2 マラーサナ - ガーランドポーズ


このポーズでは、頭と足の間の距離が近いため、心臓への負荷が通常より軽減されます。このため、十分な血流が頭に届きやすくなり、めまいや立ちくらみに効果があります。必要に応じて、このポーズをブロックで変更できます。


#2 Malasana - Garland Pose For Pots Syndrome Dizziness Dysautonomia


マラーサナのやり方

  • できるだけ足を近づけてスクワットします。(可能であれば、かかとを床に着けます。着けられない場合は、マットを折り畳んで足の下に置きます。)

  • 太ももを胴体より少し広くなるように離します。息を吐き、前かがみになり、太ももの間に上半身を入れます。

  • 肘をひざの内側に押し付け、手のひらを合掌ムドラ(サルテーションシール)にして、ひざを肘に押しつけます。これは、胴体の前面を伸ばすのに役立ちます。

  • 太ももの内側を胴体の側面に強く押し付けます。腕を前に伸ばしてから横に伸ばし、脇の下にすねを押し込みます。足首の外側に手を伸ばしてかかとを握るか、指先を床に押し付けます。

  • この姿勢を30秒から1分間保持してから、息を吸ってひざをまっすぐに伸ばし、ウッターナーサナ(前屈のポーズ)に入ります。


マラーサナに関する注意事項

  • このアーサナは必ず空腹時に練習してください。

  • つま先やかかとに体重をかけないでください。

  • ゆっくりと穏やかにマラーサナに吸い込みます。

  • このアーサナを1回のセッションで2回以上行なわないでください。

  • 慢性的な腰痛やひざの痛みがある方は、このポーズを行わないでください。



#3 ヴィパリータカラニ - 両脚を壁に上げるポーズ


ヴィパリータカラニは、頭痛、血液貯留、血圧調節、けいれん、ストレス、不眠症、倦怠感など、多くの症状に効果がある優れたポーズです。体を逆さにすることで、循環器系の症状を緩和します。 POTS、起立性不耐性、またはその他の自律神経失調症の症状がある方には、まずこのポーズをお勧めします。

Viparita Karani - Legs Up The Wall Pose For Pots Syndrome Dizziness Dysautonomia


ヴィパリータカラニのやり方 

  • 壁の周りに居心地の良い空間を作ることから始めましょう。私の個人的な好みは、ヘッドボードに両脚を乗せてベッドに横になることです。

  • できるだけ壁の近くに来るように腰を動かします。

  • 体がL字型になるまで足を壁に上げます。

  • 枕を頭の下に置いたり、腕を腹や横に置いたりするなどして、よりリラックスできるように位置を調整します。

  • 呼吸に集中する – 鼻から深くゆっくりと吸い込み、鼻から深くゆっくりと吐き出して、長くゆっくり呼吸します。


ヴィパリータカラニに関する注意事項


高血圧や心臓病の方、甲状腺に問題のある方は、この反転のポーズを行わないでください。ヴィパリータカラニは、食後少なくとも6時間してから行ってください。頭が重い場合は、ゆっくりとポーズを行なってください。




自律神経失調症のストレス管理


ストレス管理は誰にとっても重要ですが、自律神経障害がある場合は特に重要です。ストレスの多い約束、以前は問題ではなかったような日々の仕事をこなすこと、そして自分の周りの人々に自分の病気について説明することは、この症状のある方には、どれも辛いことかもしれません。


何千年もの間実践されてきたヨガは、ストレス管理に非常に効果があります。ヨガの基本原則は、そのすべての形態において、内なる平和を見つけ、自分自身と他者の意識を高めることに集約されます。ヨガにはさまざまな形態があり、癌、慢性的な痛み、うつ病、心臓病に苦しむ患者を含む多くの患者の生活を改善できることが研究によって示されています。



健康には次のような多くの側面があります。

  • 社会的

  • 物理的

  • 環境的

  • 医科的、歯科的

  • 栄養的

  • スピリチュアル

  • 心理的、精神的

  • 行動的、知的

  • 職業的、財政的




注:すべてのアーサナとプラナヤマは、認定ヨガ講師の指導の下で行う必要があります。


Apply Yoga For POTS (Postural Orthostatic Tachycardia Syndrome) Dizziness Dysautonomia





閲覧数:1,222回0件のコメント

コメント


bottom of page