top of page
Blogging

ブログ

​最新情報

視力を上げる簡単なヨガ - ヨガで取り戻す健康な目

更新日:2021年10月13日

私たちは日々のほとんどの時間をコンピューターの前で過ごし、WordやExcelを使って作業したり、YouTubeを見たりしています。そしてその間ずっと、ウエストラインの崩れ、肌のくすみ、髪の乾燥に悩み、お腹が出ていることや脚が太いこと、そしてお尻のラインを気にしています。


しかし、私たちは体の最も重要な部分の1つを見落とします。それは目です。特に長い一日が終わる頃には、酷使された目にかゆみや灼熱感が生じることがあります。



Simple Yoga Exercise For Eye Sight - Healthy Eyes With Yoga

視力の衰えや目の疲労はすぐには症状が出ないため、目の運動の必要性を感じないかもしれません。しかし、にきびやかすみ目になるのを避けたい場合は、できるだけ頻繁に目のケアを行うことをお勧めします。



注:すべてのアーサナとプラナヤマは、認定ヨガ講師の指導の下で行う必要があります。




その最良の方法の1つとして、目のヨガを試してみてください。目のヨガは目の運動で、一日中いつでも行うことができます。数分だけ時間を作れば良いのです。


ここでは眼鏡を外すための目のヨガと、目の運動のヨガをご紹介します。



眼鏡を外すための目のヨガと目の運動のヨガ


パーミングで視力を上げる


PALMING FOR BETTER EYE SIGHT:

  • 目を閉じて静かに座り、深呼吸をしてリラックスします。

  • 両方の手のひらを合わせて温まるまで強くこすり、手のひらをまぶたの上に置きます。

  • 手の温もりが目に伝わり、目の筋肉がリラックスするのを感じてください。

  • 手の熱が目で完全に吸収されるまで、手のひらを置いたままにします。

  • 目を閉じたまま手を下ろします。

  • 手のひらを合わせてもう一度こすり、このプロセスを3回以上繰り返します



まばたき運動で視力を上げる


PALMING FOR BETTER EYE SIGHT:

  • 背筋を伸ばして座ります。

  • 素早く10回まばたきをします。

  • 20秒間目を閉じてリラックスします。このとき呼吸に意識を向けます。

  • これを5回位繰り返します。



回転運動で視力を上げる


EYE ROTATIONS FOR BETTER EYE SIGHT:

  • 背筋を伸ばしてリラックスします。

  • ひざの上に手を置きます。

  • 目を時計回りと反時計回りに回します。それぞれ5分〜10分間行ないます。

  • 頭は動かさないようにしてください。


Note: All the asanas and pranayama should be performed under the guidance of your certified yoga teacher.



上下運動で眼鏡を外す


UP DOWN MOVEMENT TO REMOVE YOUR GLASSES:

  • ヨガマットなどの平らな場所に立ちます。

  • 顔を正面に向けた状態で、視線を真上に向け、次に真下に向け、もう一度上に真向けます。

  • この動作をまばたきせずに10回繰り返します。

  • 目を閉じて手のひらでそっと両目を押します。



BHRAMARIPRANAYAM(ブラーマリープラナヤマ)で目の健康を守る


Bhramari pranayam

  • 足を組んで座ります。

  • 親指で耳を軽く押して耳をふさぎます。

  • 人差し指と中指を眉間に置き、指輪と小指を鼻の付け根に置きます。

  • 眉間に意識を集中してください。

  • 鼻から息を深く吸い込み、2〜3秒間止めてから、ブーンという蜂のような音を立てながら、ゆっくりと鼻から息を吐きます。口は閉じてください。

  • これを5回以上繰り返します。



目の筋肉をほぐして視力を上げる


FLEXING FOR IMPROVE EYE SIGHT:

  • 深呼吸して、顔を正面に向けた状態で、視線を真上に向けます。

  • 目を時計回りに回します。

  • ゆっくり回してみて、限界まで大きく回せているかどうかを確認します。

  • ボールが顔の周りを回っているイメージで行っても良いでしょう。

  • これを1分間行ってから、反時計回りに回します。



焦点を切り替えて目の血流を良くする


THE FOCUS SWITCHING FOR BETTER BLOOD CIRCULATION IN EYES:

  1. 小さな文字が書かれている新聞や本を片手で持ち、その腕を目の前にまっすぐ伸ばします。

  2. もう一方の手で片方の目を覆い、小さな文字を見ます。

  3. 目が疲れないように、覆った方の目は開いたままにします。

  4. 2〜3秒間小さな文字を目でなぞります。

  5. 顔を上げて6 m位離れた物を見ます。

  6. その遠くの物の輪郭を2~3秒間目で追います。目は細めないでください。そして目を閉じます。

  7. 手順4〜6を繰り返します。

  8. 5分後にもう一方の目を手で覆い、5分間このプロセスを繰り返します。



“わずかな努力で得られる素晴らしい効果”


このヨガのテクニックは、近視や遠視など、目の筋肉が関係するさまざまな症状を緩和するのに役立ちます。数ヶ月間定期的に練習すると、目の機能の回復効果を期待できます。



トラータカクリヤ(TRATAKKRIYA)で目の健康を取り戻す


トラータカは数多くの利点を持つクリヤです。目のさまざまな症状を緩和するだけではなく、集中力を著しく高めることができます。ヨギはこのような効果を得るために、さまざまな方法でトラータカを伝統的に行ってきました。

TRATAK KRIYA FOR BETTER EYE VISION & IMPROVED EYESIGHT

  • ろうそくの前で、瞑想のときと同じ姿勢を取ります。ろうそくを腕の長さ位離して置き、芯を胸と同じ高さにします。ろうそくの位置が高すぎると、眉の中心に緊張が生じたり、目が熱く感じたりすることがあります。炎は完全に静止していて、わずかでも動いてはいけません。両手を目の上に置き、目を閉じます。瞑想のときと同じように、心の中でマントラを唱えます。

  • 目を開けて、まばたきをせずに炎を見つめます。炎は3つのカラーゾーンに分かれています。芯は基部が赤みがかった色、中央は明るい白、そして先端はわずかにくすんだ色です。炎の最も明るい部分、つまり上部に視線を集中します。

  • もう一度目を閉じます。炎のイメージがまぶたの中に現れたら、力を抜いてそのイメージにそっと集中します。画像が消えてしまいますので、画像を追いかけたり、 捉えようとしないでください。

  • これを3回繰り返します。

また、このトピックに関する詳細なライブとインタラクティブセッションも開催されました。ここでトラータカクリヤをチェックすることができます。



パーミング


トラータカの練習を終えた後、目を両手で覆います。これは目を動かした後に目をリラックスさせるテクニックで、瞑想の後に目を開ける前にも行われます。

まず手のひらをそっとこすり合わせて熱を発生させます。手が目に触れないようにして、手のひらを目の上に置き、お椀のような形を作って目を覆います。この状態を5〜10秒間続けます。この練習は必要に応じて繰り返しますが、1回か2回行えば十分です。



目の洗浄


目に水をバシャバシャかけるのは気持ちのよいものです。片手に室温の飲料水を入れ、そこに目を数秒間浸しながら洗ってみてください。目を水につけた状態で数回まばたきをします。反対の目でも同じ事を繰り返します。



視力を回復し健康な目を維持する最高の食品


視力の低下は、加齢や眼精疲労によるものなので、仕方がないと思っているかもしれません。しかし実際には、健康的なライフスタイルを送ることで、 視力低下のリスクを大幅に下げることができるのです。


  • 生の赤唐辛子。ピーマンはカロリーあたり最も多くのビタミンCを含んでいます。

  • ヒマワリの種とナッツ

  • 濃い緑の葉物野菜

  • サツマイモ

  • 赤身の肉と鶏肉

  • 豆類

裸足で芝生の上を歩くことも、目の健康維持に役立ちます。



注:すべてのアーサナとプラナヤマは、認定ヨガ講師の指導の下で行う必要があります。




Comments


bottom of page