top of page
Blogging

ブログ

​最新情報

一般社団法人 Patanjali Japan Foundation(PJF)の代表団が1月27日にグルクル・クルクシェートラを訪問/心温まる交流

更新日:2月9日

プレスリリース


インド、クルクシェートラ:2024年1月27日、Patanjali Japan Foundation(PJF)の代表団はグルクル・クルクシェートラを訪問し、この有名な教育機関の知性あふれる雰囲気に浸りました。


訪問したのは、Patanjali Japan Foundationのアシュトシュ・シン氏(チーフ世話オフィサー兼代表理事)と石田由美氏(ディレクター兼セールス&マーケティングリーダー)、WeNeed Inc.代表取締役( 社会保険労務士)の松尾康弘氏、oneworldアライアンス創設者兼ディレクターのSamepal Singh氏、eSpot Web Solutionsの創設者兼マネージングディレクターのDeepika Singh氏です。彼らはグルクル内を興味深く探索し、インドの教育制度について簡単なメモを取っていました。


PJFチームはグルクルで、尊敬される校長であるShubey Singh Pratap Yadav氏から丁重な歓迎を受け、その温かさとホスピタリティが実りある交流の雰囲気を作りました。さらに一行は、マハリシ・バルミキ・サンスクリット大学の准教授であるDevender氏とも面会することができました。彼は代表団に挨拶しサポートを申し出てくださいました。



今回の訪問でPJFの代表団は、つながりを育み、グルクル・クルクシェートラの精神を直接体験することを目的とした様々な活動に接することができました。彼らは校内の敷地やホステルの施設を見学し、グルクルで実践されている教育への総合的な取り組みについて洞察を得る機会を得ました。生徒たちは午前中にヨーガのレッスンを受けていました。このカリキュラムの導入は、生産的で健康的なライフスタイルを送るための素晴らしい教育システムであるとPJFは考えています。



グルクル・クルクシェートラの教育と有機農業への取り組みに対する総合的なアプローチ

グルクル・クルクシェートラの教育に対する総合的な取り組みは、従来の学習の枠を超え、生徒の体、心、感情、スピリチュアルな側面の成長も考慮されていました。PJFの代表団は、教員や学生と交流する中で、優れた学業に加えて、人格形成、道徳的価値観、実践的なライフスキルの指導にも力を入れていることがわかりました。


また、グルクル・クルクシェートラの有機農業は、グルクルとPJFの双方が推進する、環境に優しく健康的な生活への取り組みを示す一例でした。農地を見学した一行は、合成農薬や化学薬品を使わず、自然農法で様々な作物を栽培している様子を見学することができました。


グルクルはまた、NDA(国防士官学校)への入学を目指して、ハードな身体トレーニングで生徒の精神力を鍛え、毎年14人の生徒がこの学校からNDAに選出されています。これはグルクルにとって大きな成果であり誇らしい瞬間です。




心温まる瞬間:生徒たちが代表団の足に触れて挨拶/ジャイヒンドのチャンティング

グルクルの子供たちは、PJFの代表団の足に触れて挨拶しました。これはインド文化に深く根付いた敬意と謙虚さを表すものであり、心温まる瞬間でした。また、国防士官学校の学生たちは、愛国心と誇りを象徴する「ジャイヒンド」の力強いチャンティングで代表団を歓迎しました。


温かい交流と楽しい雰囲気の中、一行は子どもたちと触れあう時間を心から楽しみました。また、彼らとの素晴らしい交流と経験を思い出に残すために、数々の写真を撮りました。



最後に:

訪問を振り返って、アシュトシュ・シン氏は感謝の意を表し、次のように述べました。「グルクル・クルクシェートラへの訪問は本当に励みになりました。スタッフの献身的な取り組みと生徒たちの熱意を目の当たりにし、教育の変革力に対する私たちの信念を再確認しました。温かい歓迎と有意義な交流に感謝しています」


Patanjali Japan Foundationは、総合的な健康と相互理解を促進するという使命を継続しながら、日本とインドの教育的な取り組みを支援し、両国の文化交流を促進することに引き続き取り組んでいきます。


閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page