top of page
Blogging

ブログ

​最新情報

ヴィヴェーカーナンダー・ロック・メモリアルでスピリチュアルな旅をPatanjali Japanチームが探求

プレスリリース


インド、カンニヤークマリ – スピリチュアルな啓発と文化探求を求めて、Patanjali Japan Foundationは、カンニヤークマリにある象徴的なヴィヴェーカーナンダー・ロック・メモリアルへ、奥深いスピリチュアルな旅に出かけました。PJFチーフ世話オフィサー兼代表理事のアシュトシュ・シン氏と同ディレクター兼セールス&マーケティン・グリーダーの石田由美氏は、2024年2月3日にヴィヴェーカーナンダー・ロック・メモリアルを訪ねました。



この象徴的な記念碑は、インド洋、アラビア海、ベンガル湾の合流点に建てられています。スワミ・ヴィヴェーカーナンダの自己啓発の瞑想で知られるこの史跡を探索すると、その旅は内省的な経験となり、スピリチュアリティとの深いつながりを育みました。



旅の間中、彼らはヴィヴェーカーナンダー・ロック・メモリアルとその周辺の豊かな文化を愛しました。ヴィヴェカーナンダ・ケンドラでは伝統的な南インド式の食事が提供され、参加者の間に一体感と家族のような雰囲気が生まれました。また、使い捨てのお皿や食器は一切使わず、本物のバナナの葉をお皿にして使っていることに驚きました。




チームPJFが共有するヴィヴェーカーナンダー・ロック・メモリアルの主なハイライト

ヴィヴェーカーナンダー・ロック・メモリアルは、精神と文化の重要性を示すシルボルです。この象徴的な記念碑探訪での主なハイライトをいくつかご紹介しましょう。


スワミ・ヴィヴェーカーナンダの瞑想:この記念碑は、1892年にスワミ・ヴィヴェーカーナンダが瞑想したと言われている、小さな岩が多くある島に建てられました。この場所は深い瞑想と精神的な目覚めの場所として賞賛されています。


神聖な建築物:この記念碑は、ガンダーラやドラヴィダの建築様式と伝統的かつ現代的なインド建築様式を組み合わせたものです。このデザインは、インドの異なる文化の統一を反映しています。


ティルヴァッルヴァル像:ヴィヴェーカーナンダー・ロック・メモリアルの隣には、古代タミル語の詩人で哲学者であるティルヴァッルヴァルに捧げられたティルヴァッルヴァル像があります。これは高さ約40メートルの巨大な石像です。この像はこの場所の文化的な豊かさをさらに高めています。


パノラマの景色:一行は、インド洋、アラビア海、ベンガル湾の3つの海の合流点の息をのむようなパノラマの景色を楽しむことができました。この場所は、瞑想や熟考に最適な静かな環境です。




最後に

ヴィヴェーカーナンダー・ロック・メモリアルは探索するのに最適な場所の1つであり、スピリチュアリティ、文化遺産、そして感動的な自然美が独自に融合したインド南端の必見の観光スポットです。これはインド文化を定義する多様性と統一性の証しであり、すべての人をその深い意味を探求するよう促します。

閲覧数:37回0件のコメント

Comments


bottom of page