Blogging

Blog

Latest news and information

Stay Updated!

Yoga as Life Style (うつ病とヨガ)2020年9月インタラクティブセッション

Updated: Jan 27



うつ病とヨガ ウエビナー

日付: 9月20日, 2020年 (日曜日)

時間: 日本時間午前10:00-11:30 (90 分) : インド時間午前6:30- 8:00






1. イントロダクション:

パタンジャリジャパンファウンデーションは、2020年9月20日に開催された月例インタラクティブセッションの第4回目を開始しました。

今月のインタラクティブセッションは、「うつ病とヨガ」に焦点を当てました。

このトピックは、バーラト(インド)と日本の著名なパネリストによって取り上げられました。

バーラト(インド)のジェイディープ・アリヤ博士とアクシャイ・アナンド教授、そして日本のナガヌマ ヨシヒト氏とサラ氏は

彼らの見解を共有しました。



Zoomライブ映像リンク: https://www.facebook.com/watch/?v=2594256107571496&extid=S7CSwm2zj1kgBf2I

はじめに、アシュトシュ・シン氏(パタンジャリジャパンファウンデーションの(世話)セワチーフオフィサー)は


朝のヨガ参加回数によって変わる帯の色のシステム

「ハリ」(グリーン/ミドリ色帯)

「シュウェット」(ホワイト/シロ色帯)

「ケサリ」(オレンジ/サフラン色帯)に分類されるさまざまな「ヨガ実践者」タイプに関する情報を共有しました。

8月31日、パタンジャリジャパンファウンデーションは、朝のヨガセッションを100回完了するという偉業を達成しました。

これには、18人の「ケサリ」、55人の「ホワイト」、364人の「グリーン」ベルト、154人の通常の「ヨガ実践者」からなる431人の「ヨガ実践者」が含まれていました。 2.基調講演とうつ病の哲学的視点 基調講演者のジェイディープ・アリヤ博士(アーユーシュ省バーラト州/インド政府ヨガ認定委員会、名誉委員)は、身体の動きと呼吸法を通じてヨガに現れる「構造的」と「感情的」のバランスに焦点を当てました。


リンク(英語説明)

https://www.facebook.com/watch/?v=790550964854929&extid=PpH5Acboza0BKTZ6

彼は、うつ病は私たちの行動と健康に影響を及ぼし、それが事実上私たちの幸福を混乱させると指摘しました。

彼は日本の正直さ、適時性、勤勉さをライフスタイルとしてのヨガと関連付けました。

しかし、現在の日本のライフスタイルでは、感情的および肉体的な燃え尽き症候群を乗り越えるためにヨガが必要でした。

ジェイディープ・アリヤ博士は、私たちのライフスタイルの習慣を深く掘り下げ、私たちの幸福を改善するために、アーサナの練習とプラナヤマの練習によるヨガの助けを借りることを強調しました。 3.ライフスタイルの観点からのうつ病 ナガヌマ ヨシヒト氏(楽天エディ株式会社執行役員)は、日本のメンタリティとライフスタイルについて興味深い見解を述べました。

彼は一般的な労働者階級の市民の立場から、日本社会の重要な特徴を強調しました。

それは、すべての人の考えや経験がそれほど変わらないと考えられている「ハイコンテキスト」社会です。

間接的なフィードバックや社会的領域での感情的な無表情による対立を回避することは、他の重要な要素でした。

グループの優先事項に焦点を当てることで、残業、パーティー、週末のチームビルディング活動につながります。


リンク(英語と日本語説明)

https://www.facebook.com/watch/?v=690145558600816&extid=EACXfEjzIEbWkV5v


ナガヌマ ヨシヒト氏は、皆同じ様な価値化の文化や社会、そのようなライフスタイルを好み馴染める人々は日本を一番楽しむだろうと指摘しました。

しかし、そのようなライフスタイルに適応できなかった場合、多様性と「助けを求める」文化の欠如に対する認知の欠如は、個人をうつ病と最終的には自殺の道に誘います。

日本の15~34歳の年齢層では、先進国の自殺率をリードしています。

さらに、COVID-19は、自然光と身体運動がゼロの小さな空間で働き、冷凍食品を食べ、社会的コミュニケーションが少なく、人々の生活を悪化させました。

ナガヌマ ヨシヒト氏は、彼の視点は日本社会の既存のライフスタイルとメンタリティに対する解決策を提供するものではないが、ヨガやコミュニティからの援助を受けることができると正直に伝えました。



4.ヨガ実践者としてのストレス説明

パタンジャリジャパンファウンデーションヨガ講師サラ先生が

ヨガの経典による哲学や知恵をもとに

ストレスの本質的なメカニズムを心の反応として、ヨガの一番重要な定義に紐づけて

説明しました


リンク(英語と日本語説明)

https://www.facebook.com/watch/?v=253115709322174&extid=7qcHVKQdYVMj6bjk

心についての深い理解の重要性や主な心の反応の質を説明しています。

ヨガの実践により無意識の心の反応が徐々に意識的になり、さらに脳や心の構造や動きが変化して自身により深く気づく高次な意識を得ることができます。

自身が作り出す不必要な悩み苦しみをなるべく軽減させて、軽やかに生きられるようになります。

本質的な自身への理解が深まると、自身や社会にとって重要なことにエネルギーを向けていくことができます。


5.科学的観点からのうつ病

アカシャイ アナンダ教授(統合医療ケースレポート編集者、PGIMER、バーラト/インド最高峰の国家重要医療研究機関、京都大学医学部客員学部教授)は、「うつ病とヨガ」の科学的側面に関する洞察を共有しました。


リンク(英語説明)

https://www.facebook.com/watch/?v=357389512124076&extid=BX3iH28OeOWXvEx9


彼は、彼のチームが長年にわたって行った研究に照らして、「ルール指向」の重要な日本の品質の1つが私たちの脳活動とメンタルヘルスに影響を与えたと指摘しました。

彼のチームは、動物実験や幹細胞を通じて脳障害の研究を行ってきましたが、神経変性障害の治療法は見つかりませんでした。

これは彼のヨガへの傾向と治療レベルでのその影響を導きました。アクシャイ・アナンド教授は、プラナヤマの実践を含むヨガと糖尿病、高血圧、肥満の改善との関連性を発見した国際機関によって実施されたさまざまな研究を共有しました。 American Diabetics Associationで発表された研究は、約3か月間ヨガを行うことにより、(n = 123)患者の糖尿病と糖尿病誘発性うつ病の改善に関連性を確立しました。

現代のライフスタイル関連疾患でもある高血圧に関する別の研究が研究者によって研究されており、3か月間ヨガを行うことで脳の副交感神経反応が上昇し、患者の血圧が改善したことがわかりました。

アクシャイ・アナンド教授は、このように、日本および世界中の政府レベルで医療問題と医療予算を処理するための予防行動モデルに共感しました。

そういう意味で、プラナヤマをはじめとするヨガが中心になります。

アクシャイ・アナンド教授は、ヨガのような予防策の認識をもたらし、日本社会に力を与えるために、より大規模なデータベースの研究の重要性を結論付けました。



6.パネルディスカッションとQ&Aパネル・ディスカッション


Q&Aでは、通常のヨガを行うために必要なうつ病、モチベーション、睡眠時間の処理方法に関する質問が取り上げられました。

孤独に対処するために家族とのコミュニケーションが強調された一方で、ジェイディープ・アリヤ博士は睡眠の質を強調しました。

ナガヌマ ヨシヒトさんは、毎日のヨガをする意志の力を強調しました。


リンク: https://www.facebook.com/watch/?v=336734807555098&extid=6kJFopKspsDm77Cc


ゲストスピーカーに感謝します。

  1. ジェイディープ・アリヤ・ジ博士

  2. アクシャイ・アナンド・ジ博士

  3. ナガヌマ ヨシヒト氏  サラ先生


このウェビナーにご参加いただき、誠にありがとうございます。


ここにフィードバックを書いてください(https://www.patanjali.jp/yoga-research-program)


次のインタラクティブセッションは10月18日(午前10時から午前11時)に開催されます。

登録はこちら:https://www.eventbrite.com/e/yoga-as-lifestyle-interactive-session-october-2020-online-tickets-121841738921


最新情報のお知らせはfacebookにてご確認いただけます

https://www.facebook.com/events/1239759859703196


149 views0 comments

Recent Posts

See All

© 2021 by Patanjali Japan Foundation |  All rights reserved

  • Black Facebook Icon
  • Instagram
  • Black Twitter Icon
  • Blogger