top of page
Blogging

ブログ

​最新情報

ヨガデトックス–全身を解毒する8つの簡単なポーズ

更新日:2021年12月22日

食べ過ぎの季節がやってきました。

解毒を考えても良いでしょう。休暇が終わって、解毒を行うために、セロリジュースで1週間生活したり、クレイジーなキャベツダイエットをしたりする必要はありません。


Yoga Detox – 8 Easy Yoga Poses to Detox Your Complete Body

ヨガの適切なルーチンも、体と心の解毒を助けることができます。毎日ヨガを練習し、臓器に血液を流すことで、二酸化炭素、乳酸、リンパ液などの不要な不純物を、体が取り除くのを助けることができます。


あなたは決まったルーチンがありませんか?今が始めるのに理想的な時期です!ミニデトックスの必要性を感じるときはいつでも、これらの簡単なヨガのポーズをしてください。これらのポーズは消化を良くし、強さと柔軟性を高め、あなたは生まれ変わったような感覚を覚えるでしょう。



あなたの完全な体を解毒する簡単なヨガのポーズ

  1. 下向きの犬のボーズ(アドームカシュワナーサナ)

  2. 三本足の下向きの犬のポーズ

  3. イーグルポーズ(ガルダサナ)

  4. 座位ねじりのポーズ

  5. ワイドレッグフォワードフォールド

  6. 舟のポーズ

  7. バウンドヘッドスタンド

  8. 三角のポーズ



注:すべてのアーサナとプラナヤマは、認定ヨガ講師の指導の下で行う必要があります。



1. 下向きの犬のポーズ(アドームカシュワナーサナ)


反転運動の1つ目のポーズは、下向きの犬のポーズです。心臓は頭よりも高い位置に来ます。頭を低くすると、血液の流れる方向が変わり、リンパ節が洗い流されます。



  1. 四つん這いの姿勢から、 つま先と手を床に押し付けて、 天井に向かって腰を持ち上げます。

  2. 両手の間隔を広げ、両手の指を広げます。

  3. 腰を後方に持上げ、胸を太ももに近づけます。背骨をまっすぐ長く保つには、尾骨から持ち上げます。

  4. つま先を前に向けて、両足の幅を広げます。足の裏が深く伸びるのを感じるまで、かかとを床に押し込みます。脚はまっすぐですが、ひざを少し曲げて背中を平らに保つことができます。

  5. おへそを見るか、脱力して頭と首を肩から下ろします。

  6. 4〜8回息を止めます。

  7. ひざを曲げて腰を低くしてテーブルのポーズに戻るか、子供のポーズまで上半身を下げます。


下向きの犬に関する注意事項


背中の筋肉が硬い方や弱い方、ハムストリングスが硬い方、坐骨神経痛の方やひざに問題のある方は、ひざを曲げて背中をまっすぐに保ちながら、ゆっくりとポーズをとる必要があります。




2. 三本足の下向きの犬

このポーズは、解毒に役立ち、ストレス、悲しみ、うつ病、恐怖に対処するのに役立ちます。

  1. 腕を伸ばし、頭を心臓の下の内側に傾けます。腰と脚を外側に伸ばします。

  2. 下向きの犬のポーズの場合と同じように、左脚を持ち上げて、深呼吸を数回行います。

  3. 右脚を持ち上げて呼吸運動を繰り返します。各脚で5回この動作を繰り返します。



Three-Legged Downward Facing Dog

三本足下向き犬に関する注意事項

高血圧や緑内障の場合は、反転を伴うため、このポーズはお勧めしません。手首、足首、または肩にけがをしている方もおやめください。妊娠後期の方も、避けるのがよいでしょう。



3. ワシのポーズ(ガルダサナ)


ワシのポーズは血行を良くし、血液とリンパ管から毒素を取り除きます。また、足首、ひじ、ひざ、股関節を伸ばします。

Eagle Pose (Garudasana)

  1. まず、背筋を伸ばして立ち、両足を揃え、両腕を両脇に置きます。

  2. 右足を引き上げ、足首のすぐ上で左足に巻き付け、両ひざを曲げて、右太ももの内側が左太ももの内側になるようにします。

  3. 肘をロックした状態で、前傾して右腕を左腕に交差させます。手をたたくように手を合わせながら息を深く吸い込みます。できるだけ長くポーズをとってください。

  4. 両足を揃えて立ち位置に戻り、左足を右足に巻き付け、左腕を右腕に巻き付けてポーズを繰り返します。



イーグルポーズの注意事項

負傷したひざ、足首、または肩。

次の条件のいずれかがある場合は、イーグルポーズを試みるべきではありません:肥満、定期的な頭痛、高血圧や低血圧、または喘息。




4. 座位ねじりのポーズ


ねじれた姿勢は、解毒と関連付けるのが一般的です。胴体のあらゆる種類の圧迫と穏やかな動きは、消化器系で物を動かすのに役立ちます。消化器系が腸を介して老廃物や毒素を移動させるのを助ければ助けるほど、解毒作用は向上します。


Seated Twist

  1. 足を組んで背骨をまっすぐにして座ります。

  2. 上半身を右にひねって胸を右に開き、右手の指先または手のひらを後方のマットの上に置きます。もう一方の手でひざを持ちます。

  3. 両方の臀筋をしっかりとマットの上に置きます。仙骨ではなく胴体上部をひねります。

  4. この姿勢で少なくとも5回呼吸してから、深く息を吸い込み、吐きながらさらにひねります。



座位ねじりのポーズに関する注意事項

前後に体を曲げるヨガのポーズを練習した後は、ハーフスパイナルツイストを行います。筋肉に負担がかかるため、胴体をねじったり、伸ばしすぎたりしないでください。坐骨神経痛または椎間板ヘルニアの方は、 ねじりのポーズ(アルダマツィエンドラーサナ)を行わないでください。



5. ワイドレッグフォワードフォールド

5. Wide Leg Forward Fold For Detox Your Digestion System

ワイドレッグフォワードフォールドは、頭を下げることで循環機能が向上します。 またこのポーズは消化を助けます。


  1. 足を広げ、足の外縁がマットの縁と平行になるようにします。

  2. 息を吸いながら、手を腰に当てて上半身を後ろに反らします。

  3. 息を吐きながら、腰に手を当てたまま上半身を前に倒し、背中をまっすぐに保ちます。

  4. 次に、両手の指を腰の上で組んで頭の上に伸ばします。

  5. 体を安定させるために、全身をリラックスしください。

  6. この姿勢で5回呼吸してから、手を腰に戻してポーズを終了します。


ワイドレッグフォワードフォールドに関する注意事項

高血圧の方や心臓の弱い方、妊娠中の方は、このポーズを行わないでください。



6. 舟のポーズ


舟のポーズは、腹部、股関節屈筋、脊椎の調子を整え、強化するのに役立ちます。また、腎臓、甲状腺、腸を刺激するため、ストレスを緩和し消化を助ける効果があります。


Boat pose

  1. ひざを曲げて背骨をまっすぐにして座ります。

  2. 脚をまっすぐ伸ばして 持ち上げます。

  3. 目の前に手を伸ばします。

  4. この姿勢を20秒間保持してから元の位置に戻ります。この動作を5回繰り返します。


舟のポーズに関する注意事項

体に過度の負担をかけると、腰痛になったり、けがをする可能性があります。

生理中や、少なくとも生理の最初の2日間は、このアーサナを行わないでください。




7. ヘッドスタンド


循環器系およびリンパ系の毒素は、バウンドヘッドスタンドによって除去されます。このポーズは通常7呼吸以上保持し、深い呼吸は肺から二酸化炭素を取り除くのに役立ちます。

 Bound Headstand

  1. 正座の位置から肘をついて両手を組みます。両手を組んだところに頭頂部を置きます。

  2. ひざを曲げずに、両方の足を頭に近づけます。体重が脚にかからなくなったら、ひざを曲げ、腹筋を使って両脚を床から持ち上げ始めます。

  3. 脚をまっすぐに伸ばして、頭頂からつま先までバランスをとってこの姿勢を維持します。

  4. 7〜10回深呼吸してから、ゆっくりとひざを曲げて、起き上がったときと同じように、バランスをとりながら足を下ろします。


ヘッドスタンド関する注意事項

ヘッドスタンドには数多くのメリットがありますが、首や肩、背中の痛みがでたり、けがをする可能性があります。安全に行うために、強度、位置合わせ、柔軟性などを考慮して、十分な予防措置を講じる必要があります。



8. 三角のポーズ


このポーズは、胸、肺、肩、脊椎を伸ばして開き、肺活量を増加させます。また、腹部の臓器を刺激し、消化と循環を助け、ストレスと不安を和らげ、体と心にエネルギーを与えます。

Resolved Triangle Position

  1. 右足を前方に踏み出すところから始めます。前の脚をまっすぐ伸ばして、 後ろの足の位置を調整してかかとを床に着けます。

  2. 右手を床に置きます。左手を腰に置いて腰を横に押します。

  3. 頭を前に伸ばしてから、胴体を左脚に向けます。

  4. 左腕を天井に向かって伸ばします。

  5. 右足のかかとを床に押し続けます。

  6. 天井を見上げても構いません。

  7. 5〜10回呼吸してから最初の姿勢に戻ります。反対側で同じポーズを繰り返します


三角形のポーズに関する注意事項

背中、首、腰、または肩にけがをしている方は、このポーズを行わないでください。頭痛や片頭痛がある方も、おやめください。



こちらもお見逃しなく:



毎日のストレス管理プラナヤマセッション登録不要で無料


注:すべてのアーサナとプラナヤマは、認定ヨガ講師の指導の下で行う必要があります。







留言


bottom of page